じゅっちゃんねる!

アメリカンコッカースパニエル、ジュディーのことや備忘録など...
--/--/--(--) --:--:--
 Title → スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) |

2011/07/26(火) 21:34:09
 Title → 三つの酷い仕打ち。。
ご訪問ありがとうございます♪
ポチ☆っとよろしくお願いします
にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
にほんブログ村


**************************************************************************************************************************





前回のトリミング記事で、皆様も多かれ少なかれ思い通りにはいっていないんだなと、
つくづくサロン選びや満足いくトリマーさん探しの大変さを実感しました。

それで、また色々思い出してきちゃって、、

すっごーーーく長い記事になりそう&酷い仕打ちを受けた事とか書いちゃいますので、気分を害される恐れのある方は、
右上のを急いでClick!Click!ε=ε=ε=(ノ^∇^)ノ



暑苦しい内容なので、記事には関係のない写真も挟んでマス


 関係ないついでに、昨日、逃走する車を追いかけるパトカーとのカーチェイスを見ました!!
これって、「実録!24時警察!」ってやつーーと、他にも野次馬さんと見てましたww 




funsi2.jpg




大体、トラブルや行き違いが起こりやすのは、サロンを変えた時ですね。

私、爪切りはどうしても怖くて出来ないので、(じゅっちゃんの爪黒いし)トリマーさんにやってもらう事とは、この先も無縁ではいられそうにありません。

またどこかにお願いするにあたって、書く事で自分への注意喚起なのですが、毛がある限りは、大体のワンコにトリミングは切っても切れないもの、こんな事もあったよ~気をつけてねと、皆様にも読んでいただけてもしか何かが伝われば幸いです。


でも、ここまで酷い事は、そうそうはないでしょうけどね、、



funsui3.jpg



じゅっちゃんのトリミングデビューは、生後4ケ月が経った頃。

生後4ケ月を迎えて、獣医さんからトリミングのGOサインが出てすぐに近所のサロンにお願いしました。



こんなにモシャモシャで目が隠れる位、お顔が埋まってたのが・・・ 


{4ケ月のじゅっちゃん}
puppy_20110726133916.jpg




ツルンと刈られてお顔が出現して帰ってきました



puppy2.jpg



自分でも初めて顔を刈られて違和感があったのか照れてたのか、帰ってきた時、うつむいて全然顔を見せてくれようとしなかったのを今でも覚えてます( ´艸`)ムププ


たまたま近所にあるというだけで、お願いし出したサロンですが、腕は上手だった。


しかし、営業が凄かった!


「そろそろジュディーちゃんどうですか~?」と予約の押し売りTELがかかってくる所だった。

ゆくゆくは、「フルコートにしたいんです。」というと、1週間毎にブラッシングに来る事と、2週間おきのシャンプーを命ぜられた。


1週間毎のブラッシングには行けなかったけどきっちり2週間毎の予約は入れさせられてたので、
パピー時代のお写真見ると、モシャモシャしてない綺麗なじゅっちゃんばかりです。



margaret.jpg



そして、お正月前にトリムに出した時は、洋服を着せられて帰ってきました。
そりゃ~可愛いかったですそれ見てノックアウトされたばぁばは、トリム代のお支払いと一緒に洋服もお買い上げ~!!


ある時は、子犬(シーズー)を仕入れてきてて、じゅっちゃんを引き渡さず待たせて、抱っこしろと子犬を押し売りしようとしたりも・・・(ーー゛)

とにかく行くたんびに何か買わされる。一つでも買わないとしつこい押し売り攻撃が、、(ーー゛)


なんだか強引な手法だなと思いながらも、そのサロンには通い続けてました。

まだまだ新米で、よそに移るという発想が湧かなかった。



そこは、朝10:00にお迎えに来て、夕方5時とか6時に帰されるという一日がかりの仕事でした。

パピーが、そんなに時間かかるものかと思いましたが、まだまだじゅっちゃんの飼育初めは、犬の事に関して何も知らない疑いとかも持ってない頃でした。
それでも、近所だし、終わったらこちらからお迎えに行けますのですぐTEL下さいと言ってもしてこない所でした。


だんだん、じゅっちゃんも2週間おきのサイクルがわかってきて、トリムの前の日になるとお腹の調子が悪くなったり、トリムから帰ってきたらわざとお粗相したりと様子が変になりだして、、サロンのお迎えの人が来たら、逃げ出す始末。。店主は、「ジュディーちゃ~ん」と愛想笑いしながらも引き攣ってましたが。。



tree.jpg




それで、段々これはおかしいなと思い、トリムを2週間から1ヶ月おきに変えたら、なんだかトリマーの態度が一遍
電話でやりとりしてたばぁばに、横柄な物言いで、喰ってかかる始末。。まるで1ヶ月間隔の客は、客じゃないかの如く罵られたようでした。



leaf.jpg




それでも初心者は、事が起こるまでは気付かないものなんですよね。


これが、一番、美容サロンで受けた嫌な出来事、一生忘れる事無い今でも思い出すと腹立たしい事です

sun.jpgじゅっちゃんを預けたのは、暑い暑い夏の日の事でした。
暑がりなじゅっちゃんなので、終わったら一刻も早く連れ帰りたいので電話して下さいね。と強くお願いしていたにも関わらずしてこなかったので迎えに行ったら、じゅっちゃんはとっくに終わってたようで、置かれていた所が、うす暗いクーラーの届かないむし暑い場所でした。それもじゅっちゃんだけがです。。

家に着くなりじゅっちゃんは、何度も嘔吐し、意識朦朧その場に倒れてしまいました

熱中症にかかってしまってたのです。

一歩間違ってたら、、迎えがもっと遅かったらじゅっちゃんはもうこの世には居なかったかもしれないのです。。


すぐにサロンに電話すると、まぁ~~反省するどころか またまたけんか腰で喰ってかかってくる
一切、非を認めませんでした


これは、あの横柄な物言いからして、迎えに行っても何でそんなに偉そうに言うのあんたは?て位、態度の悪いトリマーで、うちがトリムを2週間から1ヶ月間隔に変えた事による、どうもトリマーの腹いせ、嫌がらせのようでした。(ノルマがあったのか?)

これで、サロンを変える事になりました。(その後、ほどなくしてそのサロンはなくなりました)

新しい所では、今までのサロンで酷い仕打ちを受けた事を話すとビックリされましたが、そのおかげか丁重に扱ってもらい、さらには、フルコートにしたい事をいうと、コッカーカットの本があったら貸して下さいと、次にジュディーちゃんをやるまでに勉強しておきます。というようなとても親切で熱心且つ、腕も良かったのでおまかせ出来た人でした。


が、結婚退職されるのでやめる事となり、新しく引き継ぎますという女の子が新人さん。どうにもまかせられないだろう~という雰囲気だったので、遠いながらも通っていたやっとのことで見つけた安住の地から、またサロン探しをする事に


色々な人に聞き込みをし、トリマー歴20年という方を紹介してもらいました。
この方が、1年前まで通っていたトリマーさんですが、やはりこの道一筋20年というプライドもあって、
あれこれ注文付けると嫌~な顔をしてました。

特に、仕上がった後に文句のつもりはなかったけどをつけられる事がお嫌な人だったようで、
「それやったらもう他所(よそ)行かはったらどうですか~?コッカーのカット勉強されてる方の所~」と言われました。


ひとまず、あれこれ注文つけるのはやめにして、それさえしなければ基本カットはやっぱり上手だし、何より犬が好きみたいで扱いは良かった。
でも、コッカーカットにして欲しかった私は、このサロンに通いながら、コッカーカットの出来るトリマーさんの情報収集をする事にした。



e0079359_1413621_20110726195105.jpg




そして、またまた20年近いベテランもベテラン、A級ライセンス保持者のトリマーさんを紹介してもらえる事になった。
そんな人だから、予約が取りにくいと聞いていて、でもどんなに先でも予約をしておこうと電話したらあっさり予約出来た。

で、なかなかのヘンコの人らしいと、「いらっしゃいませ」とか普通の店みたいなんはないよ。顔も見せへんかも!?だから、気を悪くせんように先に言うとくわ。」と紹介者に聞いてたが、行ったら「いらっしゃいませ」はないものの、出迎えはあったので、聞いてたほどでもないのかな?と、思ってたら「どうします?」と愛想なくカット方法を聞かれ、足回りをコッカーらしく丸く仕上げて下さい。と、バリカン使わず全部ハサミで仕上げて下さい。と言っただけで、何か全てを飲みこんだかのごとく、あれこれ言わなくてもやっぱりベテランには伝わるんだなぁ。と思ったもんでした。



pinkfower.jpg




しかし、お迎えに行ってとんでもない事が起こってました


助手が、じゅっちゃんを連れてきて、代金をもう奥に引っ込んでたトリマーに聞きに行った。

と、言っても、すぐそこって距離で、ひそひそと話してる声が聞こえてた。

あぁ、「これが聞いてたヘンコってやつかぁ」仕事が終わったらさっさと引っ込んで挨拶もなしでした。


というか、あれ?じゅっちゃんがおかしいな。

いつもなら、お迎え嬉しい~嬉しい~と喜びの舞いを献上してくれるのに、じーーっと座ったまんまで動かない・・・。


とりあえず会計を済ませて、初めての所で初めての人だったから緊張したのかな。と、
お外に出して緊張を解こうとしたけど、じーーっとしてるだけで、どうもほんとに様子がおかしい。



syoubu.jpg



車に乗って、抱っこしてても猿ぐつわしてるみたいに大人しい、そして、じーーっとしてて、ほんとにほんとに変!!?

もしかして、噂に聞いてた暴れるコには、鎮静剤を注射すると聞いてたのん、まさか打たれた

でも、じゅっちゃんは、4ケ月からずっと欠かさずトリミングに行ってきたコで、むしろジュディーちゃんは、やりやすいですね~ほんとにイイコです~とは言われても、暴れるなんて一遍も言われた事はない

syoubu2.jpgこれはおかしいと車を止めて散歩してみたら、足をあげた。

足が痛いのかと見たら、サクっと肉球が5mmほど切れていた
 

うんともすんとも言わずに大人しかったのは、ずっとずっと痛みを我慢してたのでした!!(翌日肉球腫れてパンパンに)

こんな状態から想像すると、自分でも今カットしててわかるけど、相当の悲鳴をあげたはず!


だから、担当トリマーが気付いてないわけは絶対にないっ!!助手も!!

でも、一言の謝りもなしにじゅっちゃんを普通に帰されました。


迎えに行って、担当トリマーが、奥に引っ込んでたのはきっとバツが悪かったのだろう。。

これが、2度目に受けた忘れもしない酷い仕打ちです。







その次・・・これはもう、絶対あってはいかん事でしょう~て話。。



マイクロバブルの設置店が近所に・・・なんて灯台もと暗し!!しかも料金が、かなーーりお安いときた!
A・コッカーを、マイクロバブルとシャンプーカットして三千円と超破格値だったのです

行ってみたら、お家の一角をトリミング室に改装してあって、主婦の傍らという方でした。
トリマー歴は、そこそこのようで、やっぱりあーして、こーしてと言われるのがお嫌なよう

私はほんとに一生懸命にやるたちで、神経尖らせて胃が痛くなるまでこっちは最善尽くしてやってますので、
飼い主さんの方もおまかせしてもらわないと、と、こんこんと説教まじりに30分間くどくど言われました。


あぁ~~また気の強いトリマーさんだぁ。。なんかヤダなと思ったけれど、責任感あると自分でいうのだから
仕事はキチンとするだろうと思ったので、もうシャンプーしないとって限界の頃だったのでやってもらう事に。

初めての所にお願いする場合は、トリマーさんやじゅっちゃんの様子はどんな感じかと見ておきたいので、
その場でスペースはないけれども見学をさせてもらう事にした。
トリマーさん的には、あんまりいい気分ではなかったようだが。


bee.jpg



いよいよ~初マイクロバブル~と浸けられたじゅっちゃんがやけにハァハァし出してきて、、
ステンレスバスに手をかけて「出たい出たい」と、今にも飛び降りそうな感じで、、

おかしい?と思い、「私も何か手伝いましょうか?」と言って、じゅっちゃんの所に行ってお湯に手を浸けたら
「あつっ」と、思わず言ってしまったほどの温度だった。

「これ、ちょっと熱いですよ」と言ったら、「そんな事ないですよ」と。

マイクロバブルの温度としては適正だと言われた。

「でも、ハァハァ熱がってますし。」と言ったら、しばらくして温度を下げました。(←すぐにしない)

その時点で、とにかく指図されるのが嫌いな人なんだな。と(顔に出てる)この時点で、もう二度とここには来ないぞ。と心に決めた。


bee2.jpgその後、シャンプーして、ドライが済んで、とっとと帰りましたが、帰ってからのじゅっちゃんの様子が。。

背中を絨毯にこすりつけて、暴れて暴れて、、見たら背中が真っ赤になってて、やけどしたみたいでした。

最初に首から尻尾まで、当てられたマイクロバブルのシャワーの温度がやっぱり熱かったのでしょう

じゅっちゃんは、皮膚が弱いので家ではぬるま湯です。冬でもぬるま湯。夏なんかは、ほぼ水でね。

というか、普通のわんちゃんでも、犬は体温が高いので、ぬるま湯で充分なようです。熱いお湯は、皮膚の乾燥にもつながりますし。

私が手を入れて「熱い」と感じる位だから、じゅっちゃんにとっては熱湯風呂だったハズ

あの時、温度下げてもらってなかったらもっとえらい事になってたんじゃないかと思ったと同時に、胃が痛くなるまで、神経尖らせてやってると自負して30分も説教くらわせられて・・・口ばっかしでした

なによりゾッとしたポロリされた話・・・

お散歩で会ったわんちゃんで、舌を切られたコが居て~て話をしたら、「私も切った事あるんですよ」と、
ええー!!もうここ無理ぃーと心で叫びましたほんとに口ばっかりで、注意が全然行き届いてない人でした


この大きな3つの出来事は、じゅっちゃんの8年間のトリミング人生で決して忘れられない出来ごとです。

今回端折ってますが、細かい事も語るともっともっとあります。

onpu.jpg




もうひとつ、経験談ではないのですが、お散歩友達だったシーズー犬のお父さんから聞いた忘れられない話。

ajisai.jpg家から近いので、トリマーの専門学校でトリミングをしてもらっていたそうで、ある日、預けたシーズーちゃんが亡くなりましたと連絡が。

犬を、トリミングテーブルのポールの輪っかに通した状態でテーブルを離れてしまい、テーブルから落ちて首吊り状態になってしまったんだそう。

それで、「普通は謝罪が先やろ?」とお父さん。

それがなくて「別のシーズーを用意しますから」と言われて、激怒して帰って来たんだそう。

それでも、その後も謝罪は一切なかったそうです。生き物相手にする人達がこんな態度とは、、と、本当にやるせない気持ちになりました

ちょっとばかし、サロンに預ける事が怖くなり、サロンにじゅっちゃんを預ける時に、↑話をしてそんな事はないようにお願いしたほどです。

こんな酷い仕打ちをそうそう何度も受ける事は、めったにないだろうと思いますが、こうやって書いて今更気付くのも遅いけど、あ、この人と思ったら、やめておいたら良かったなと思いました。そういう勇気も必要だなと。

あとで、犠牲になるのは我が子で、泣くのは自分だから。。

うちは極端な例で、犬を大事に扱ってくれる優しい普通の(w)トリマーさんの方が圧倒的におられる事と思います。

今、安心しておまかせ出来るトリマーさんや満足してるサロンに行かれてる事は、むしろラッキーな事のように私なんかは思えます。

ひとまず爪切りをそろそろやってもらわないと、フローリングを歩いてるじゅっちゃんが常にタップダンスしてるかのようにカチャカチャいっていて、

しかし、うちは、ほんとに当たりがいいのか悪いのか、、、
爪切りだけですが、また変なトリマーさんを見っけないよう、クセのない普通のトリマーさんに今度はお願いしたいものです(^人^)



jeudi6,9


あまりにも出番がなさすぎなので、、無理くりじゅったん登場

ちなみに悲劇が起こる前のじゅったんです。あれから全然写真撮ってません。。orz




lid1.gif

ポチ☆っとよろしくお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
にほんブログ村

拍手&応援クリックいつも本当にありがとうございます♪(U^ω^)





スポンサーサイト
 テーマ : アメリカンコッカースパニエル / ジャンル : ペット
日記 | TB : 0 | CM : 58 |

HOMENEXT
Copyright © 2011 じゅっちゃんねる!, All rights reserved.
  
Icon + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。