じゅっちゃんねる!

アメリカンコッカースパニエル、ジュディーのことや備忘録など...
--/--/--(--) --:--:--
 Title → スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) |

2011/10/18(火) 19:08:10
 Title → 【お知らせ】&獣医さんに質問、「今までで一番キツイ事って?」
ご訪問ありがとうございます!

ポチ☆っとよろしくオネガイシマス♪
にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
にほんブログ村

***************************************************************************




<お知らせ>


ママ犬さんより転載・拡散希望です。


★★写真展★★を開催いたします!
太田 康介 写真展

『のこされた動物たち 福島第一原発20キロ圏内の記録』


【入場無料】

<開催日程>

10月27日(木)10:00~21:00


【場所】

札幌駅前通地下歩行空間
(札幌駅と大通駅を結ぶ地下歩行空間)


◆当日、主催:札幌ワンニャン支援隊は会場にいます。


◆募金箱の設置について…
会場には募金箱を設置いたします。
収益は全て、20キロ圏内にいる動物たちのために利用させていただきます。


◆書籍販売する予定でございます。
写真集:『のこされた動物たち 福島第一原発20キロ圏内の記録』を販売する予定でいます。




moblog_e59892b6.jpg




【太田 康介】(おおた やすすけ)

1958年生まれ。滋賀県出身。
フリーランスのカメラマンとして、アフガニスタン、カンボジア、旧ユーゴスラビア連邦などの紛争地域を撮影。
2004年に猫を飼い始めたことで魅了され、以降はペットなど動物も被写体とする。
原発事故によって取り残された動物たちの窮状を知り、個人で保護活動を行いながら今も撮影を続けている。
著書『のこされた動物たち 福島第一原発20キロ圏内の記録』(飛鳥新社)
ブログ『うちのとらまる』



<主催:札幌ワンニャン支援隊>


27日は平日ということもあり、皆様お忙しいとは思いますが…
多くの方のご来場をお待ちしております。







以下は、タイトルからもお察しいただけますように、

今日の内容は、気分を害すると思われる記述も含んでます。

精神的に弱いと自覚のある方は、右上を~ClickClick!!







前記事(
コチラ参照)からの繋がり話で、


byoin1013.jpg


子犬の返品・・・ペットショップに持って行くという時点で、おそらくだろな?(-_-;)と考えてしまう・・・。
転院だったら、病んでる子犬を感染したショップに連れて行く気には到底ならないですからね。。(ーー゛)
・・・と、あくまでも勝手な憶測ですが、、(._.)

しかしもし返品されてたら・・・これに懲りてその人、二度と生き物を飼わないで欲しいなと心底願います。



この獣医さんと話してて、こんな話とは反面、世の中にはこんな人も居るんです。

うちでは今、2件の獣医さんにかかってるんですが、何を聞いてもわかりやすく且つ丁寧に、時には脱線した話で談笑もして下さり、この獣医さん達を尊敬しています。で、いつも色んな質問をぶつけています。

獣医さんと診察結果の話のやりとりの中で、今、皮膚酷いコチームの中ではジュディーちゃんは、「軽傷の方」ですよって。
「今来てるコで、もう年齢的にも18歳で免疫も下がってるからグジャグジャなってるコ居てる」って。
もちろん治療されてるんですけどね。

「え~~年いったらもっと皮膚悪くなるのぉ~?」と凹みつつ、ちょっぴし話が脱線してきて、こんな事聞いてみちゃいました。

「先生が今までで一番、これキッツーかったのって?」と質問。


「野良猫を拾われた方が連れてこられた猫の顏にウジが湧いててもう顔の半分がぐちゃぐちゃ・・・」




もし、こんな猫を見つけたらどうしますか?

獣医さんも怯む、、

おそらくニオイも相当なもんだと思います。




この拾われた野良猫は、数日、数時間で放っておいたら死に絶えてた事でしょう。
しかし、世の中には見捨てずになんとか助けてやろうと手を差し伸べて救う人も居る。
こういう話を見たり聞いたりすると、底知れぬ人の温かさや優しさを学びますね。
自分も、素晴らしい諸先輩方の背中になぞらえ、良心に沿った行動をと襟を正しました。




この獣医さんがキツイといった仕事・・・、もう一件行ってる獣医さんも同じような事を・・・
これは質問したわけではなく、近所の動物病院が、動物看護師の募集をしていて「資格なしでもOK」て書いてあったけどほんとですか?の質問から、「資格なくても出来るよ。やる気さえあればね。どう?(笑)」
「ただし、動物好きだけでは出来ないとは思う・・・ウジ湧いたコとか来るしね」って。

その時に私は衝撃受けたので、↑獣医さんとの話では「あぁ、やっぱりか、、」という感じでした。

その後すぐ、なぜかその話のものズバリの映像を偶然にもyoutubeで見る事になり、もうもう何とも言えない気持ちになりました
時々このブログにも動物の動画を載せてるように、楽しい動物の動画を見るのが好きなんですが、段々他にも辿って行ってる内に出くわして、「何これ?」って見てみたらΣ(゚д゚lll)

ほんとに動物好きだけでは出来ないな~の世界でした。。(:_;)

その動画をすぐに消しましたが、獣医さんが言ってた治療と同じ方法で、湧いて湧いてしてるのを一個一個ピンセットでつまんで取り出してました。
これはほんとに、、、、、獣医さんも人の子キツイ事だと思います。
獣医さんこそ動物好きだけでは出来ない仕事だなぁと思いました。

人のお医者様や看護師さん、介護される方も含めてなんですが、キレイ事ではないこの医療従事者の方々の使命感たるは凄いを通り越してますよね。私の中でも尊敬に値する方達です。

でももし・・・こんな想像するのも変ですが、、
もしかじゅっちゃんがそんな事になったら私も必死で取りますけどね(ー_ー)!!

笑った方いらっしゃるかもしれませんが、案外ある事なんだそうです。獣医さん曰く「すぐ湧くんよ」って。
犬でも猫でも野良ちゃん達は多いそうですが、外飼いのコでもあるよって、寝たきりになった場合に床ずれの所とかに・・・要注意らしいです。


とまぁ、獣医さんの裏方事情のお話でした。
たまたまかかりつけの獣医さんが同じ傾向だったというだけで、全ての獣医さんが皆一括りに同じというわけではないです。
獣医さんの経歴や経験により、獣医さんそれぞれで思われる事は全然違う事もあると思います。

・・・と、とりとめなく続きそうなのでこの辺りで一旦・・・あらあらかしこ(↑出のママ犬さんの〆言葉拝借)





*





お口直しに、ほのぼの猫さんお一つどうぞ↓






lid1.gif

ニンニンじゅっちゃんからのお願い

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
にほんブログ村

☆応援クリック【感謝】いつも本当にありがとうございます☆


関連記事
 テーマ : アメリカンコッカースパニエル / ジャンル : ペット
近所お散歩 | TB : 0 | CM : 22 |

こんなモノ落ちてました☆”HOME病院行ったらパルボって・・・ノ)゚Д゚(ヽ

COMMENT

From ヤマト母 
そんな簡単にうじが湧くなんて思ってもいませんでした><;
うちも皮膚が弱いから年取って免疫力が落ちてきたら…なんて妄想してしまいましたよ(;´Д`A ```
そうならないよう今から出来ることは頑張っておかなきゃですね~(`・ω・´) シャキーン


ほんとキレイ事ではないこの医療従事者の方々は凄いですよね。
うじだけでなく目を覆いたくなるような出来事は多々あるでしょうし…
そんな過酷な環境の中、頑張ってくださる方がいらっしゃるから我が子達も元気に過ごせるだから、ほんと感謝しなくちゃですわん(*^人^*)
2011.10.18(21:43) | URL | EDIT↑Top

From れぃん 
こんばんわ~
今日のお話は、この年増のお姉さんには、すいすいと読ませていただきました (*^_^*)
そしてこういうことも含めて、生きているということに感じ入ってます
時には膿を出しながらということも抱えて、命あるものは生きているんだと思います
実際の場にあったら、どん引きで震えることでしょうけど、でも意識ではこれもアリなのだと
ふんばろうと思うかもしれません (〃∇〃)ゞポリ

主治医の先生との脱線話はほんとに知恵の宝庫ですね^^
ワタシもよくしゃべりんするんですけど、 血圧を測りながら
上も100以下で、、その日はちょっと低くて、そしたら
不思議だけど、血圧0でも、人って生きてるんだよね  ぇえーー!!
なんだか、どんと度胸が座りました☆^^
ちょっと感動したのでした、あるんですね、そういうことが ( *^^)(*^^*)ッ!

ヘアスタイルも楽しませていただいてます~ *^-^*⌒☆
ちょっとmomoにしてみたく、でも穴の大きさをピッタシにするのが難しそう~^^
長くなってしまいました ゴメンナサイデス 
2011.10.18(22:08) | URLEDIT↑Top

From ココノイエ こんばんは~
ホント・・・この間の子(じゅっちゃんの病院に来てた)
元気になったかなぁ・・・
aneane.さんはお話だけだったので まだ・・・ですが
画像は観ちゃうとずーっと頭から離れないですよね(泣)
ココ母 年はエエ歳なんですが
こういう動物話はめっぽう弱いので
ささささささっーと走るように?読ませていただきました。
本当はペットを家族と迎えてる限り
避けて通ってはいけないんですけどね・・・
修行を積んで 出直して参ります!
「もぅ1本こーいっ!」(え?そっちの修行だった?)

このままでは帰れないので(?)
髪型がたのしーネコちゃんのお話で・・・七三いいわぁ~
コレ・・・やりたい~!!
マネしても大丈夫かな~(笑)特許とか?(トッキョ~!?)
でも動画じゃないけど
もう20年も前にココ母やってたわ~
ココ父の写真に「王子様の王冠と金髪」「おかっぱ」「メロン(笑)」
少し前に 古い手帳をめくったら↑が出てきて
ちっとも成長してない自分が可哀想でした(泣)

じゅっちゃん本日は休暇中かしら?
2011.10.18(22:27) | URL | EDIT↑Top

From チル 
子犬の返品とか交換とか・・・。考えると恐ろしいです。
実は、ウチのはペットショップ出身なんですが、
ウチに来てすぐにペットショップ推薦の獣医さんのところで健康診断を受け、
心臓に雑音が入っていると言われ、獣医さんに「交換かもなー」と言われました。
心臓の事もですが、獣医さんの動物相手とは思えないその言葉に
あまりのショックで声が出ませんでした。
もちろん交換なんてありえないし、即、獣医さんを変えました。
で、このとおり元気にしてるし、心臓は正常です。
ペットショップの対応、獣医さんの対応、いろいろギモンに思うことがありました。
でも獣医さんというお仕事は、動物が好きだとかそんな事だけではできないお仕事だということ
忘れちゃいけないですね。
2011.10.18(22:44) | URLEDIT↑Top

From りんまま 
こんにちは。
先日、福島のワンコが漁の網に引っ掛かっているところを保護されたんですけど、
おちり付近がやっぱりウジわいてました。
皮膚が剥がれ落ち、そりは大変だったようです。
それより大変だったのが4ヶ月くらいのパピっ子だったこと。
産まれながらの野犬でした。

私は医療従事者ですが・・・
恐らく、尊敬に値する人間の部類ではないなww
2011.10.18(23:39) | URL | EDIT↑Top

From サリーまま 
こんにちは。
子犬の交換・・・考えられないけど、意外と多いみたいですよね・・・
どんな事情があったにしても、交換するぐらいなら飼おうなんて思わないで欲しいですよね。
我が家のサリーもペットショップ出身で、ショップから連れて帰ってきたら、お腹が内部寄生虫(数種類)でいっぱいだったんですよ・・・
それでも交換なんて考えられなかったけど。
あまりにもペットブームに拍車がかかりすぎてる感じが否めませんね・・・

そう、獣医師って本当に大変な職業ですよね。
獣医師の場合は、獣医師になるまでの段階で乗り越えなければならない試練が沢山あるし・・・

私たちも大切な家族のために、精一杯の愛情と責任を持ち続けないと・・・ですね。
2011.10.19(06:20) | URLEDIT↑Top

From イヴまま♡ 
興味深いお話ありがとうございました。
自分も襟をただそうと新たな気持ちになりましたよ。
生き物と生きる人間の責任について
考えさせられました。
2011.10.19(08:58) | URLEDIT↑Top

From みそべん 
私も86歳のちょっと認知がある義父を面倒見てますが・・・
介護の方とイロイロ相談しながら面倒見てますが
本当大変だな~ってつくずく思います
私自身凹んでると声かけてくれて・・・
毎日いろんな人の面倒見てて大変なのに
家族にまで気を使ってくれて・・・
医療関係や介護って好きなだけでは出来ない職業ですよね
あっ!!私事ですいません

「返品?」そんな事出来るんだ~その感覚が恐ろしいですよね
一度抱っこしたら・・・もう家族。何があっても面倒見ないとね~
楽しい事、辛い事含めて受け入れないとね!!
2011.10.19(16:41) | URLEDIT↑Top

From ママ犬 
資格がなくても、やる気があれば雇いますって、そういうことなんだぁ。
すごいね、、札幌にそんな獣医さんいるのかなぁ。
基本暑くないし、湿度も低いから、
本州ほどに氏君(←こう書けば、なんだか緩和されませんか 笑)まみれの状態ってかなりだと思う。。

でも、aneaneさんのじゅっちゃんなら、やる~ってすごくわかりますよ!
うちも、ニャンコが悪性の癌で末期がかなりひどい状態だったから。
でも、汚いや気持ち悪いとかはぜんぜん思えなかったぁ。
ただ、かわいそうで。。。

ただ、よそのワンコや、ニャンコにできるかといわれると。。。。

あぁ、お口汚しのニャンコがめちゃ可愛い!!
&転載ご協力ありがとうございます^^
あらあらかしこ。いくらでも使ってくらさい(笑)
ワンツースリーも使っちゃったし^^
2011.10.19(22:12) | URL | EDIT↑Top

From あんみつ姫 
はじめまして。
いつも読み逃げしちゃってるあんみつと申します。
私の母親も動物が好きで実家にいるときも常にわんこにゃんこハムスター等々に囲まれて暮らしてきましたが2回も返品?!されたトイプーが我が家にきたことがあります。
身勝手な理由かやむを得ない理由かはわかりませんが・・・。
これは友達から聞いたその子の旦那様のお話ですが・・・
何羽かのカラスに襲われて食べられてた瀕死の子猫がいて子猫も本当に食べられてたらしくお肉がないところがところどころ生きているかどーかも怪しかったらしいです。
それこそうじがわいていたかもしれません。
でもその旦那様、カラスを追い払って子猫をきれいにして病院へ連れていき自分で飼うことにして今じゃその子、子猫までうんじゃって元気にしています。
その旦那様、別に家で何の動物も飼っていないし特別猫好きでもなかったそうです。
こんなことが自然にできることにすごく感動しました。
私は動物好きとはいえカラスが何羽もいて食べられている子猫を助けられる自信がありません。
言うのは簡単だけどいざその場にいて自分が同じことをできるかどうか疑問です。
いざというときに行動できる人間でありたいなぁと思いました。
うじも自分のわんこじゃなきゃつらいものがありますね・・・・。
考えさせられます。
いいお話、ありがとうございました。
2011.10.20(16:50) | URLEDIT↑Top

From ブランケット・ママ (((=ω=)))ブルブル
子どもの頃、「はだしのゲン」読んで
人間にウジがわくんだ!って衝撃で
しばらくトラウマになりましたが。。。
わんこもにゃんこも辛いよね。。。(涙)
今も、被災犬たちはどうしてるかな。
夏頃はひどい状態の子も
いたのでしょうね。。。
獣医さんもたくさんの苦しい選択を
してこられたのでしょうね。
そんなドクターと雑談できちゃうなんて
なんて羨ましい環境でしょ~
aneane.さんの人徳ですね♪

転載させていただきました(*^_^*)
出来ることをすこしづつ。。。!!
2011.10.20(23:23) | URLEDIT↑Top

From aneane. 
★ヤマト母さんへ

お返事遅くなりすみませんでした(._.)

私もびっくりでしたよ。
でも、抵抗力が落ちてきたり下がってると、
何でもない健康体とは違って時には、起こりうるんでしょうね。。

生死にかかわるお仕事の方、自分との戦いもあるみたいですね。
私は、身内にも知人にも人の医療従事者が居るので、その話たるや
そらもう、、ニュースに出来ないレベルですよ(>_<)。
なので、ほんと尊敬しかないんですよね。感謝です(*^_^*)
2011.10.21(22:07) | URLEDIT↑Top

From aneane. 
★れぃんさんへ

お返事遅くなりすみませんでした(._.)

えーーちょっとびっくりΣ(゚Д゚)
血圧0でもですかぁーそんな人が存在してらっしゃるんですねぇ!!
ほんとですね、私も多少低いのもどうっちゅう事ないなと思えました(*^。^*)

こういったお話得意ではないでしょうれぃんさん、それでもお読み下さって
ありがとうございます^^
生きてるものたちは、必ず病気します。そして、医療にかかるとその方達の献身ぶりには
本当に頭下がります。

獣医さんでもそうです。動物看護士の方達も、とってもとってもじゅっちゃんに優しく接してくれます。
ありがたいです(*^_^*)

猫さん動画でほっこりんして下さいましか!
猫さんのこの箱に入ったり穴に入りたがるの本当に可笑しいですよね!
モモリンしゃん達もぜひです~チャレンジされてみて下さいまし~☆
2011.10.21(22:09) | URLEDIT↑Top

From aneane. 
★ココノイエさんへ

お返事遅くなりすみませんでした(._.)

ほんと~、ちゃんと治療してもらって元気で居ててほしいですね~^^
私も動物の辛いのは見るの嫌ですぅぅ。。(>_<)。。
それでも、ひとつのきっかけで番組上見る場合もありますが、
嫌ですね、映像画像はとても残ります。。(ダァァ。。滝涙)
それでも、お読み下さいましてありがとうございました(__)

(*≧∇≦*)ギャハハー♪
ココちゃんの七三~見たい~~!!
特許なんてないでしょう~~段ボール(肉まん?)髪型の特許て、そもそも通るのかしら笑

ま~既にココ父さんでぇ~~(ノ∀≦。)メロン?
てか、昔の(←笑)遊び方は、そんなんでしたね。
ポスター張ってあったら必ず落書きは当たり前。
鼻にも画鋲刺さってましたよね( ̄m ̄〃)
2011.10.21(22:09) | URLEDIT↑Top

From aneane. 
★チルさんへ

お返事遅くなりすみませんでした(._.)

全く同じ話、知ってます~黒プーちゃんで、心臓悪いって言われたけど
全然何もしてないけれども大丈夫って。
なんか、プードル=心臓弱いみたいな括り方みたいですね。

じゅっちゃんもペットショップ出身で、そこのショップ提携の獣医さんに
家に来てもらってましたが、まぁ~これがまた、、、でしたよ(ー_ー)!!
長くなるから割愛しますが、獣医さんも、犬全然好きじゃないでしょ。て人、
居ますよね。
うちも、そういう所から段々不信感募りだしてあれこれ情報模索して
色んな事見えだしたんですよね。
不信がちょっとでもあったら、診てもらう勇気ないですよね。
獣医さん変えて正解ですね。
うちも、幸い、一杯回って信頼出来る所が見つかって、今の獣医さんは尊敬出来ます。

もしか、チロちゃんが例え心臓悪かったとしても交換なんてしてないですよね。
でもなんでもなくってほんと良かったね!(*^_^*)
2011.10.21(22:10) | URLEDIT↑Top

From aneane. 
★りんままさんへ

お返事遅くなりすみませんでした(._.)

野良ちゃんは、多いって獣医さん言ってました。
皮膚も壊死してもうそれはそれは、、私偶然にもyoutubeで見て、
チラッと見ただけなんですけど、焼きついてます(>_<)。。
それを、助ける方が居てらっしゃる事に感動しますよね。

私は、身内にも知人にも医療従事者が結構居まして、
その話を聞くだけでも卒倒しそうな、、ニュースでは流せないほどのだったり・・・
介護の方もまた、その献身ぶりには本当に私は尊敬ですね。

りんままさんも、すごく優しい人情味のある方だなとお見受けしてますので、
たくさん感謝されていらっしゃるんだろうなと思います^^
2011.10.21(22:11) | URLEDIT↑Top

From aneane. 
★サリーママさんへ

お返事遅くなりすみませんでした(._.)

子犬返品多いんですかぁ、、(/_;)
ペットブームで、簡単に飼えてしまう事も一因なんでしょうね。。

サリーちゃんも色々大変だったんですね。
でも、ちゃんと強い絆の間違いないご縁のお家のコになったから良かったですけど、
返されたコの行方を話し聞くと案じてしまいますね(ーー゛)

そうそうそうみたいですね。
獣医さんは、心鬼にしないとイケナイ試練もあるようです(-"-)

ほんとそう思います。
ゆりかごから墓場まで、何があっても全責任を負うのが当然です。
引っ越し先が飼えない所だからって、簡単に手放す方、居らっしゃいますが
愛情かけてればそんな考えには至らないですよね。
2011.10.21(22:28) | URLEDIT↑Top

From aneane. 
★イヴままさんへ

お返事遅くなりすみませんでした(._.)

私もとても、このお話は響いたんですね。
で、自分の日記としてその時の感情と書き記しておきたかったのです。
同じ目線で共感して下さいました事、嬉しいです(*^_^*)アリガトウゴザイマス
2011.10.21(22:28) | URLEDIT↑Top

From aneane. 
★みそべんさんへ

お返事遅くなりましてすみません(._.)

介護の方は、私も本当にすごいなと思います。
優しい気配りには、本当に心救われる思いですよね!
そう思います。
特に医療関係の方は、好きだけでは出来ませんね。
その使命感には脱帽です。

返品は、私も出来ません~(>_<)。
はい、その感覚私も理解できません~~。。
全てひっくるめてそのコの責任全うしなくちゃですよね!
2011.10.21(22:41) | URLEDIT↑Top

From aneane. 
★ママ犬さんへ

お返事おそくなりましてすみません(._.)

動物看護士は、必ずしも要るんではないんだってー資格。
人間とは違うという、まだそんなレベルなんだと思いました。(-"-)

うんうん氏君緩和されます^^
あやつらは、どこででも発生みたいですよ。
その繁殖力たるやっ!らしいです。

じゅっちゃんならやりますよ~何でも!
なんだったら、手術室でも入るかも~ですよっ!!資格要らないんだし~。
う○ちも、毛についてパリパリのとか手で取っちゃってます!(←引いた?^^;)
そう、でもママ犬さん言うように、よその子には出来ませんねΣ(ノ∀`)ペチッ

にゃんこさん、ほのぼのですよね~!つー事で、あらあらかしこ☆

ワンツースリー、私のもんじゃ~ありませんのでね~(●^o^●)
2011.10.21(22:51) | URLEDIT↑Top

From aneane. 
☆あんみつ姫さんへ

はじめまして☆ご来訪ありがとうございます!

そのまさに、私も返品されたかどうかが気になる所なんですが、
こうやって、あんみつ姫さんのお母様のお話をお伺いして
なんだか幾分心が軽くなりました。
そうやって、野良猫もそうですが、救う方がいらっしゃる事
嬉しくもありがたくもわぁ~と感動致しますね☆
瀕死の猫ちゃんのお話も素晴らしいですね!
そういう事を躊躇なくされる方からたくさんの事を学びますね。
自分も、その方達を手本に、生きてる間に何を行動するかと問おてみれば、
人の役に立ち、人を助けられる良心ある行動をすべきだなと思います。
そうする事が、一番人間は、心が喜び成長するのではないかなと思います。
こちらこそ、色々お話下さいまして本当にありがとうございました。
よろしければまた来てくださいね!(*^_^*)
2011.10.21(23:02) | URLEDIT↑Top

From aneane. 
★ブランケット・ママさんへ

はだしのゲンは、、夏になるとで、この夏も放映してたの見て
うんうんトラウマなりますよね。
それでも、読んで下さったんですねぇ、ありがとうございます(._.)

被災犬や、家畜動物たち・・・
一生懸命生きてるんでしょうね。
文句も言わずにね。

獣医さんの、いつも見てしまうのが腕の傷。
あぁこの先生も咬まれてるな~って(・。・;
人間とはまた違った大変さありますね^^;
獣医さんには、ずぅずぅしく聞きまくってるんですよ。
さすがにこんでる時は、遠慮しますよ~(*^。^*)
2011.10.21(23:11) | URLEDIT↑Top

COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示を許可する

  Trackback

         この記事のURL
         http://jeudichannel.blog103.fc2.com/tb.php/210-6a6353c6


HOME
Copyright © 2017 じゅっちゃんねる!, All rights reserved.
  
Icon + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。